【導入事例】YAMAHA YDRシリーズ

更新日:2月13日

国内では5人乗りカートのイメージが強いYAMAHAさんの2人乗り乗用カートシリーズ。こちらももちろん対応しております。

ちょっと違うコースでの写真になりますが、純正の状態はこんな感じ。8v 6本の48v仕様です。

鉛バッテリーを取り除いたか状態はこんな感じ。作業スタッフ曰くヤマハさんのバッテリールームが一番シンプルで載せやすいとのこと。

ちょっとタイプは違いますが、こんな感じで専用ブラケットを装着しここにLFPバッテリーを固定していきます。

こんな感じでつきます。

クラブカーは真ん中に乗らないので少しバランスが悪くなるのですがヤマハの場合は真ん中に乗るのでバランスもバッチリ。


搭載後の試走風景。 別のレポートでも書きましたが走行性能自体はコントロールボックスが制御しているので何も変わらないのですが、やはり130キロ軽くなると加速の軽快感は全く変わります。130キロというと大人二人分。。要は2人乗りカートが誰も乗せずに走っているのと同じということです。 バランスが・・・というご指摘もあるのですが、どうしてもという場合はバランスウエイトを制作してもよいのですが(それでもLFPの効果は絶大です)今までテストしてきた感じでは全く問題ないと思います。 国内ではマーシャルカーとしてお使いの場合も多いと思いますが、かなり距離を走るのでプレイヤー用にくらべてもバッテリーには厳しい使用方法になるかと思います。ご試用バッテリーもご用意しておりますのでぜひ一度お試しください。