冬季クローズの対応もボタンひとつ!

最終更新: 2月13日

冬季クローズになるエリアのゴルフ場さんにとっては電動カートバッテリーのクローズ準備はなかなかの重労働だと思います。そのままの状態では自然放電で春先にバッテリーが低電圧になる可能性が高く、バッテリーコードを外すもしくはバッテリーそのものを取り外して保管されている場合も多いと思います。


緑のパイロットランプが消えるまで長押し・・

ROYPOWのLFPバッテリーの場合、全てのバッテリーにメインスイッチがついていますのでしばらく使わない場合はこのボタンを長押で電源OFF、これだけでオッケーです。


緑のランプが消えればこれでOK!

このメインスイッチをオフにすれば自己放電は3%未満となりますので長期の保管でも全く問題無しの状態になります。(この状態で-20℃まで全く問題なし)春先のオープン準備の際はこの逆の作業、スイッチオンでOK。

P130のメインスイッチ全モデルにこのスイッチが付いています。

忙しいクローズ対応や、オープン前準備には嬉しい機能ですよね。