【納品事例】CLUB CAR PRECEDENT 12V仕様

2月に搭載させていただいた坂東ゴルフクラブ様へ第2便のお届けに行ってきました。

次の到着便を待っているのですがなかなか届かないという判断でとりあえず今回はクラブカーのプレシデントの中で12Vバッテリーを搭載するタイプを先行納品させていただくことになりました。

見た目にバランスは良さそう。。でもなにせ外すのに重い。

プレシデントには8Vを6本搭載するタイプと、12Vを4本搭載するタイプがありますが、今回は12V搭載車が対象。真ん中に仕切りがあるのが特徴です。なんとなくの印象ですがクラブカーのプレジデントは8Vタイプの方がいいんじゃないかなと。12Vのこのタイプはほぼ例外なく緑青でひどくやられている気がします。

カバー外したらこんな感じ。これまだマシな方なのです。。

カプラー部分は結構嫌。。もともとはガズだったはずなのでちょっと怖い

まあ実際に世界中で毎日かなり走っているにも関わらず問題がないのであれば大丈夫ということなんだとは思いますが、やっぱりこれは故障のもと。良いはずはないと思います。

このタイプ専用のS51105A。通常のS51105に比べて少しだけ小さくしてあるのと専用のブラケットが装着可能なので12Vタイプのプレシデントにもピッタリフィットします。

クラブカープレシデント12Vバッテリータイプ専用モデル。中身はS51105と同じ

https://lfpbattery.buyshop.jp/items/38369654

ちなみに今回お持ちしたのはS51105A 7台。次回届くS51105AとS51105も合わせてお届けする予定だったのですがあまりにも遅れてしまってとりあえずある分だけでもお持ちさせていただきました。正真正銘これで全部、国内在庫0になりました。。


写真では伝わりませんが、テントの中は尋常じゃないほど暑い。。。

おなじみの寝っ転がり作業風景。ボディの下から固定用のビスを挿しているところです。実は全タイプの中でこのS51105A対応12Vプレシデントは最難関のタイプ。指が入るところが狭かったりするので弊社スタッフでも1時間弱かかる気がします。この日も7台が限界。配線も少しいじるのでこのタイプは取付をご依頼いただくのが無難なんじゃないかなと思います。

流石に汚れていますが、もちろん鉛バッテリー特有の緑青等はつきません。

ちなみに、写真上は作業中に戻ってきた8V6本搭載タイプのプレシデント。2月に交換したものですがとにかくこのカート含めて1度もトラブルなく走ってくれているのは素晴らしいの一言。現在のご使用パターンで考えると10年どころか15年以上走ってしまう計算になります。ただ車体が・・という問題はありますが、LFPバッテリーに交換することで130キロ軽くなることを考えると耐久性も飛躍的に伸びることになると思われます。とはいうものの・・車齢が若ければ若いほどメリットを享受する時間が長くなるのでなるべく早めに交換されるのがおすすめです。 ちなみに、有限会社MOVEではLFPバッテリーの載せ替えが可能な新車・バッテリーレスモデルも販売しております。途中でバッテリーだけが残ってしまっった状況でもそのままお使いいただけますのでぜひご検討ください。 https://www.move-ev.jp/