top of page

EZGO 36Vモデルに搭載してみました。

久しぶりの投稿です。相変わらず取り付けチームは西へ東へ走り回っておりますが久しぶりに初めて乗せる車両の案件があったので私がお伺いすることに。ということで岩手に向かいました。

今回お問い合わせいただいたのは写真の旧型EZGO 2シーター。これまでEZGOにもたくさん載せてきましたが36Vモデルは初めての搭載となります。 36VモデルはもともとRoypowのラインナップにもあるにはあるのですが、国内には殆ど入っておらずサポート面でも少し不安が残るため弊社で取り扱いの多い立ち乗りカート用のP130(36V 50Ah)を取り付けることに。

もともと鉛バッテリーが入っていたスペースの半分くらいで収まる感じです。今回は一人でお伺いしていたためちょっと固定に手こずりましたがそれさえ問題がなければ簡単に固定可能。事前の確認で純正のフレームを使って固定するつもりでいたのですが微妙にサイズが合わないために急遽現場にあったL字アングルを加工して対応しています。


次は配線。かなり年季が入っていたためかな金ブラシで汚れを落としても微妙な感じ。万が一にでも接点不良を起こすリスクを考え端子を交換し端も収縮チューブで加工して対応しています。とにかく充電放電時に関わる部品に不安を残さないのが重要です。


写真下はもうおなじみの充電ソケット。今回ももちろん採用で位置決めをしたのですがその時点で問題発生。なんと、この型はこの部分が金属製であるということが発覚。急遽グライダーで切断を行いなんとか取り付け完了となりました。ちなみに旧ソケットはそのまま残していますが内部の線は誤って旧充電器を差し込んでも通電しないように加工しています。

ということで換装完了。



最後に充電確認問題無しで作業終了です。50Ahは放電に制限があるためその部分が気になるのですが2シーターであること、個人でのご使用であることを考えれば十分なモデルとなります。ゴルフ場でのご使用ももちろん問題ないかと思いますのでぜひお問い合わせください。

Comentarios


bottom of page