安全性.jpg
201711291719174064.jpg

世界トップクラスのクオリティ

ROYPOW(ロイポー)LFPバッテリーは、世界トップクラスのシェアを誇り欧州大手自動車グループの電動車両バッテリーの製造も手掛けるEVE ENERGYが製造するセルを使用、厳格な管理体制のもと作られたゴルフカート用LFPリチウムイオンバッテリーです。
 

信頼のクオリティ

RoyPow社の6つの工場で完全に自動化された生産ラインのもと、20年間信頼性が高いバッテリーを作っております。8000人のスタッフの中には、40人の博士レベルの研究員、500人のエンジニアが含まれており、1000を超える特許を持っています。

コンピュータ科学者

安全性の高いリン酸鉄リチウムイオンバッテリー

リン酸鉄リチウムは、熱安定性や釘差しなどでも発火しにくいなどの安全性を特徴を持った優れたリチウムバッテリーです。
サイクル寿命に優れ、自己放電率は月に3%以下のため、ある程度長期間放置しても充分な電力が得られます。また、-20℃の低温環境(放電時)でも使用可能なパワフルバッテリーです。

グループ 401.png

CAE シミュレーション

CAE (Computer Aided Engineering): 複雑な技術と製品を分析するコンピューター支援ソリューションの使用を指します。複雑な構造設計において重要なプログラムです。

グループ 413.png

​稼働時のコンディション

アメリカのAnsysシミュレーションシステムを採用。各種作業条件シミュレーション試験システムでハードウエアとソフトウェアの稼働時のコンディションをシュミレーションしています。

グループ 405.png

熱管理システム

設計をガイドするツールとしてCFDシュミレー シ ョンを使用した熱管理システムを開発 。バッテリーパックの温度を積極的に制御しバッテリーパック環境の適応性を拡大します。

グループ 414.png

万全のセキュリティスキーム

可燃性揮発性物質の監視と警報システム、衝突防止およびその他の予防安全システム、バッテリーの動作状況監視システムなど6つのスキームで安全性をお約束します。

​加熱テスト

グループ 406.png

1秒5度のスピードで130度になるまで加熱。その状態で30分放置して1時間観察。また外部の熱に対しても十分な耐火性をテストしています。

振動テスト

グループ 409.png

ゴルフカートで使用される際に予想される振動を想定したテストです。内部の溶接や電子部品も問題なく正常に稼働することを確認しています。

過放電テスト

グループ 418.png

1C(A)の電流で、90分完全に放電した後1時間観察。問題ないことが証明されています。

加圧テスト

グループ 407.png

様々な方向からバッテリーの形状が30%ぐらい変形するまで加圧した状況でも発火しない安全性のテストを行っています。

耐水テスト

グループ 410.png

​各モデルに課された防水性能を余裕を持ってクリアするための耐水テストを実施しています。ゴルフカート用としてはIP67をクリアしています。

過充電テスト

グループ 419.png

1C(A)の電流で5.48vになるまで充電した後1時間観察。問題ないことが証明されています。

針刺しテスト

グループ 408.png

横から直径3〜8mmの耐熱スレンレス針で10〜40mm/秒のスピードで貫いた後、1時間観察。爆発的燃焼はもちろん発火もいたしません。

高高度テスト

グループ 411.png

気圧の変化による影響を想定した耐久テスト。過酷な条件下でもしっかりと安全性を保持し、求められる性能を発揮するためのテストになります。

様々なテストをクリアし、お届けします

大きなエネルギーを生み出すリチウムイオンバッテリーの安全性確保は最優先事項となります。弊社採用のバッテリーは、様々な過酷な安全テストをクリアした、トップクラスの安全性をもつバッテリーを取扱っております。

すべてのテストにおいて単品、セットともに実験中に、爆発や発火などの異常はありませんでした。

バッテリー性能に関する過去記事はこちら