立ち乗り電動ゴルフカート 実装テスト その1

先日少しご紹介したMOVE用リチウムバッテリーの実装テスト。今回はフェニックスカントリークラブさんでご協力いただきました。


取り付け風景。今回は12v80AHを三本積むSR-03からの載せ替えでテストすることになりました。


載せ替えのリチウムバッテリーは36V50AH、容量だけで比べると小さくなりすぎるように見えますが、リチウムはかなり効率よくエネルギーを使えるため、これでほぼ同程度の容量の積替えになります。


通常バッテリーの積替えはメンテナンス窓から交換可能なんですが、流石にこれは入らないため、ボディを外しての作業になります。ただ実際には、このバッテリーに変えたあとは、少なくとも10年はバッテリー交換がなくなるので問題なしです。


約30分程度で交換完了。


80AHからの載せ替えの場合この状態で約50キロ軽量になります。実際には少しバランスが悪くなるため、前部に10キロ程度のバランスウェイトを載せますが、それでも40キロの軽量化。

これは、芝はもちろんですが、モーターやブレーキの負荷もかなり軽減されるため、通常メンテナンスのコストも、大幅に下がるものと思われます。


もう少し容量を上げて一週間に一度しか充電しなくて良いモデルも考えていたのですが、12V50Ahを使用するSR-02にも搭載できるものにするため、このサイズを選択。


中のセルサイズは決まっているためかなりヒヤヒヤでしたがドンピシャのサイズで作ってくれました。



ちなみに、上の写真はフェニックスさんのカート庫の写真。


カート庫の写真から見てもわかるようにすごくきれいに管理されているので、MOVEをはじめカートの状態も良好です。

中央のCLUB CARはなんと17年ご使用とのこと。今回は姉妹コースのトム・ワトソンさんでこれらの乗用カートにもMOVEと同じリチウムバッテリーをテストしておりますが、こちらもすごい結果が出ています。


その様子はまた次回ご報告いたします。

14回の閲覧