Fotolia_60008678.jpg

メンテンナンスの必要なし

リチウムバッテリーは、カートのメンテナンスで煩わしいバッテリー液の補充やケーブルの腐食への対応が10年間一切必要ありません。

​また、鉛バッテリーで問題となるガスの発生がほとんどないため、バッテリーメンテナンスはほぼゼロとなります。

電気代も約30%削減可能

例えば、2人乗りゴルフカート(48V)の場合、鉛バッテリーからリチウムバッテリーに載せ替えるだけで、130kg以上の軽量プラス充電効率の高さで、大幅な消費電力の削減を実現しました。

鉛バッテリー使用時とくらべ1ラウンドで約30%以上ものコスト削減も期待できます。

pixta_16659049_Lのコピー.jpg

バッテリー交換

通常の鉛バッテリーの交換は2〜3年のところ、LFPリチウムバッテリーは、毎日充電しても10年以上お使いいただける超ロングライフバッテリーです。

毎日の電気代カット

​大幅な軽量化と充電効率の良さは、電気代カットに大きく貢献します。例えば電動立ち乗りカートMOVEの場合、ラウンドあたりの受電コストは20円以下。実に40%ものコストダウンを実現いたします。

バッテリー液の補充いらず

LFPリチウムバッテリーであれば、日頃わずらわしいバッテリー液の補充が必要ありません。バッテリー液の購入費用や、スタッフの経費を抑えます。

​腐食などのメンテナンスいらず

​腐食トラブルの原因となるガスや緑青の発生が、殆どないためメンテナンスはほぼゼロとなります。

詳しい資料がございますので、詳しくはお問い合わせください。

バッテリー性能に関する過去記事はこちら